あいりん地区出身の芸能人まとめ!あの大物芸人や有名俳優も大阪西成育ちだった

大阪府大阪市西成区の北部、JR西日本の新今宮駅の南側に位置する寄せ場と簡易宿所が集結するあいりん地区。

あいりん地区は愛隣地区と表記されることもあり、旧来からの地名で釜ヶ崎とも呼ばれています。

あいりん地区

引用元:https://www.mbs.jp

過去には不法投棄や暴動がさかんにおこっており、治安の悪い地域として知られていましたが橋本徹さんが市長となり行った西成区特区構想で急激に治安が良くなりました。

 

ちなみに、あいりん地区は比較的宿泊料金などが安価なので、低予算で旅行を楽しむ方の間で人気があるエリアなんです。

 

そんなあいりん地区ですが、実は芸能界でもあいりん地区出身の方が多数います。

そこで今回は、あいりん地区出身の芸能人をまとめてみました。

あいりん地区出身の芸能人15名

あいりん地区出身の芸能人を調べてみたところ、大物俳優や有名俳優なども含み15名ほどいるようです。

では、あいりん地区出身の芸能人15名を紹介していきたいと思います。

やしきたかじん

2014年1月に惜しまれつつこの世を去ったやしきたかじんさんもあいりん地区出身です。

やしきたかじんさんは、あいりん地区で男ばかりの4人兄弟の次男として誕生しました。

 

父親は工場やパチンコ屋を経営していましたが二度の倒産を経験し、浮き沈みが激しかったのだとか。

鳥川耕一

吉本新喜劇などで活躍している鳥川耕一さんはあいりん地区出身です。

あいりん地区に住んでいた頃の情報はあまり見つかりませんでしたが、鳥川耕一さんは大阪府今宮高等学校(あいりん地区付近)を卒業しています。

 

高校時代は、ラグビー部で活躍をしておりラッパーのSHINGO★西成さんとチームメイトだったのだとか!

内場勝則

吉本新喜劇の元座長の内場勝則さんは、あいりん地区出身です。

内場勝則さんは、大阪府立東住吉工業高等学校卒業後にNSCに入学しています。

桂ざこば

落語界で活躍している桂ざこばさんは、あいりん地区出身です。

桂ざこばさんが小学校2年生のときに両親が離婚し、父親に引き取られましたが死別したのだとか。

 

そのため、母と姉と3人暮らしになったのだそうです。

ざこばさんの著書には、父親は大阪府警察の元職員だったこと、そして鉄道自殺したことが記されています。

日高晤郎

日高晤郎 あいりん地区

引用元:https://prtimes.jp

2018年4月にこの世を去った日高晤郎さんはあいりん地区出身です。

日高晤郎さんの父親は、本名である「新吾」という名前だけをつけて、出奔して行方不明になったのだとか。

 

かなり貧しい母子家庭に生まれたため、当時は出生届すら出されていなかったようです。

あまりにも貧乏すぎて栄養失調の心配があったため、9歳の時に養子に出されたのだそうです。

 

日高晤郎さんはかなり複雑な家庭環境だったのですね。

秋野暢子

秋野暢子 あいりん地区

引用元:https://jisin.jp

女優やタレントとして活躍している秋野暢子さんの生まれは大阪府中央区です。

裕福な呉服屋の末娘として誕生したのですが、父親が借金の保証人となってしまい財産を全て失うことに。

 

そのため幼少期から西成区(あいりん地区)に移住し、大阪市立弘治小学校に通っていたと言われています。

4歳のころから両親が毎日借金取りに追われるという、壮絶な子供時代を過ごされました。

赤井英和

元プロボクサーで現在は俳優やタレントとして活躍している赤井英和さんは、あいりん地区出身です。

赤井英和さんは大阪市立今宮中学校、私立浪速高等学校出身で中学、高校時代は喧嘩に負けたことがなく、大阪では有名だったのだとか。

 

ただ、自分より弱いものには手を出さず、1番強い人を相手に喧嘩を繰り返していたのだそうです。

亀田三兄弟

ボクサーとして知られる亀田三兄弟は、大阪府大阪市西成区天下茶屋出身です。

長男の亀田興毅さんは、幼少時代は人見知りでいじめに遭っていたのだとか。

 

それがきっかけで父親である亀田史郎さんに勧められて空手を始めたのだそうです。

11歳のときから史郎さんにボクシングを教わり、大阪市立天下茶屋中学校時代の3年間はボクシングと空手に打ち込んでいたのだとか。

豊川悦司

俳優として活躍している豊川悦司さんは、西成区(あいりん地区)出身ではなく大阪府八尾市出身です。

 

豊川悦司さんの父親は靴職人で、あいりん地区で仕事をしていたそうです。

しかも、豊川悦司さんは日系韓国人3世という背景から、あいりん地区出身では?という噂が広まりました。

 

ちなみに豊川悦司さんの出身中学は八尾市立志紀中学校、高校は大阪府立清水谷高等学校卒業です。

アーサー・ホーランド

牧師のアーサー・ホーランドさんは、あいりん地区出身です。

アーサー・ホーランドさんは、1951年(昭和26年)にアメリカ国籍でアメリカ海兵隊員の父親と寿司屋の娘である母親の長男として誕生しました。

 

父親の仕事の関係で一家は東京に移りましたが、アーサー・ホーランドさんは祖父の希望で、大阪に残り祖父と過ごしたのだそうです。

香川伸行

2014年に52歳の若さでこの世を去った香川伸行さん。

プロ野球選手、解説者として活躍しており”ドカベン”の愛称で親しまれていましたね。

 

そんな香川伸行さんもあいりん地区出身です。

香川伸行さんは徳島県阿波郡阿波町(現・阿波市)で誕生していますが、父親の仕事の関係で小学生の頃にあいりん地区に移り住んだのだそうです。

立花理佐

歌手として活躍している立花理佐さんは、あいりん地区出身です。

立花理佐さんは小さい頃から芸能界に憧れていたため、タレント養成所ジャパン・アーチスト・オフィスに入所しています。

柏原芳恵

歌手、女優、タレントとして活躍している柏原芳恵さんは、あいりん地区出身です。

柏原芳恵さんは、堀越高等学校を卒業しているのであいりん地区で過ごしたのは中学時代までだったのではないかと思います。

SHINGO☆西成

SHINGO☆西成

引用元:https://iflyer.tv

ヒップホップ界で活躍しているSHINGO☆西成さんは、あいりん地区出身です。

SHINGO☆西成さんは、1972年に大阪府釜ヶ崎の三角公園の近くにある長屋で生まれ育ちました。

 

高校は大阪府立今宮高等学校を卒業しており、高校時代はラグビー部として活躍していました。

同じくあいりん地区出身の鳥川耕一さんはラグビー部のチームメイトだったのだそうです。

はるき悦巳

代表作『じゃりん子チエ』などで知られる漫画家のはるき悦巳さんは、あいりん地区出身です。

はるき悦巳さんは小学校時代までは、大阪市西成区西萩町(現在の花園北2丁目付近)で育ち、中学一年生の時に大阪市住吉区に転居しています。

あいりん地区に育てられた芸能人や有名人は他にもいた

実は、あいりん地区にゆかりのある芸能人は他にもいるんです。

芸能人としてまだ売れなかった時期、若かった時期に、あいりん地区で育った人たちを紹介していきます。

西川きよし

西川きよしさんは高知県出身、大阪市港区育ち。

西川ヘレンさんとは若い時期に結婚されたためお金がなく、新婚生活のスタートは大阪市西成区のボロアパートでした。

 

西川ヘレンさんは貧乏だった時代から、西川きよしさんを支えられていたんですね。

ちなみにアパートの場所はあいりん地区からすぐ近くの西成区玉出東だったそうです。

桂文枝

桂文枝さんの出身は大阪の堺市東区ですが、弟子入りした先代の住まいが西成区玉出(あいりん地区付近)だったのです。

若い頃に西成区で芸を磨いた桂文枝さんは、2015年に西成区のPR大使にも任命されました。

沢田研二(ジュリー)

ジュリーこと歌手の沢田研二さんも、あいりん地区にゆかりがあります。

ザ・タイガース時代に西成区岸里(あいりん地区付近)の「明月荘」というアパートで生活されていました。

岸部史郎

そして、沢田研二さんと同様に、岸部史郎さんもザ・タイガース時代に「明月荘」に住まれていたんです。

同じアパートで生活しながら芸能界での夢を掴んでいったんですね。

福井謙一

1981年に日本人6番目のノーベル賞受賞者になられた福井謙一さん。

実は、福井謙一さんは西成区岸里の小学校(あいりん地区付近)に通っていたため、あいりん地区にゆかるのある方なんです。

まとめ

あいりん地区出身の芸能人は思っていたよりも多かったので驚きました。

今回は15名のあいりん地区出身の芸能人を紹介しましたが、探せばまだまだいるかもしれないですね。

 

余談ですが、あいりん地区は物価や家賃も安く、大阪人にはお馴染みの激安スーパー「スーパー玉手」もあります。

スーパー玉手の安さは異常で、おにぎり2個で98円だったり、天ぷら50円以下だったり、セールの時は「1円商品」もあったりするそうです。

もしかすると、あいりん地区で育った芸能人の方たちもスーパー玉手でお世話になっていたのかも…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!