麻生太郎の実家住所は福岡県飯塚市!お城みたいな外観写真

日本の政治家、そして実業家としられる麻生太郎さん。

かつては第92代内閣総理大臣に任命され、麻生内閣は2008年9月24日から2009年9月16日までの約1年間続きましたね。

 

麻生太郎さんは景気対策最優先の政権運営で日本経済の立て直しを目指していました。

そんな麻生太郎さんは福岡県出身としても知られています。

麻生太郎さんは渋谷区神山町に豪邸を構えられていますが、実家はどんなところなのか気になっている方もいるようです。

 

そこで今回は、麻生太郎さんの実家について調査してみました。

気になる実家の外観画像も発見したので必見です!

麻生太郎の実家住所は福岡県飯塚市立岩

麻生太郎さんの実家はどこにあるのでしょうか。

調べてみた結果、福岡県飯塚市立岩(いいづかし たていわ)だということが分かりました。

 

本邸の隣には“麻生大浦荘”と言われる建物があり、一般公開されることが年に2回ほどあるようです。

麻生太郎さんの実家の所在地は以下です。

住所:福岡県飯塚市立岩1060

なんと所在地まで判明しているのですね。

この実家を訪れるには、JR「新飯塚駅」東口より徒歩約10分または西鉄バス「笠松陸橋」バス停より徒歩約3分となります。

 

本邸は当然一般公開はされていませんが、麻生大浦荘は毎年紅葉の時期とお祭りシーズンに公開されるようなので興味がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

麻生太郎の実家画像がお城みたい!(本邸と大浦邸)

噂によると麻生太郎さんの実家はお城のような建物なのだとか…!

どんなところなのか益々気になりますよね。

 

麻生太郎さんの福岡県飯塚にある実家の外観画像がないかと探してみると…見つかりました!!

麻生太郎さんの実家の外観画像がこちらです。

麻生太郎の実家(本邸)

まずはこちらが本邸です。

まさにお金持ちのお屋敷…!といった感じですね。

麻生太郎の実家(麻生大浦邸)

そして一般公開されることもある麻生大浦荘がこちら。

麻生太郎の実家情報Twitter1

引用元:https://twitter.com

麻生太郎の実家情報Twitter2

引用元:https://twitter.com

麻生太郎の実家情報Twitter3

引用元:https://twitter.com

確かに画像を見ても紅葉が楽しめるということが分かりますね。

また、実際一般公開の期間に訪れている方も結構多いようです。

 

これだけ大きい建物なので見応えがありそうですね。

豪邸といわれる家は多数ありますが、麻生太郎さんの実家はその中でも群を抜いて敷地面積が広く、立派なお屋敷だということがわかりました。

麻生太郎の実家の敷地面積の広さは東京ドームの2倍以上

では実際敷地面積はどれくらいあるのでしょうか。

おそらく気になっている方も多いはず…!

 

調べてみたところ、本邸・麻生大浦荘を合わせた敷地面積は30,000坪なのだとか……!!

30,000坪って桁が違いすぎますよね。

 

麻生大浦荘のみだと建坪は220坪もあるそうです。

ちなみに東京ドームの敷地面積が約14,217坪ほどらしいので、東京ドームの2倍以上の広さだということになります。

 

自宅内でも移動するだけでかなり時間がかかってしまうくらい広いってことですよね。

こんなにも坪数が多いと固定資産税とかも凄そうですね。

 

さすがは麻生グループです…。当然ですが一般家庭とかけ離れていますね。

麻生太郎の家系図がすごい!財閥御曹司で超お金持ちだった

麻生太郎さんの実家は飛び抜けたお屋敷だということがわかりましたね。

実は麻生太郎さんは財閥御曹司で超がつくほどのお金持ちの家で育っているんです。

 

麻生太郎さんは、1940年9月20日に麻生太賀吉さんと妻・和子さんの長男として生まれています。

麻生太郎さんの家系図を見てみましょう。

麻生太郎さんの父親である麻生太賀吉さんは自身の父親が始めた事業・麻生商店の社長でした。

そして妻・和子さんの父親はあの吉田茂なんです。

 

つまり、麻生太賀吉さんからみて吉田茂さんは義父ということになります。

そして、麻生太郎さんの祖母である雪子さんは大久保利通の孫なのだとか。

 

さらに麻生太郎さんの妹は、三笠宮寛仁親王妃信子さまなんです。

まさかの兄弟が皇室とは驚きですよね。

 

そして麻生太郎さんの妻・千賀子さんは鈴木善幸元首相の娘なのだとか。

麻生太郎さんの家系図はかなり凄いということがわかりますね。

 

ちなみに麻生太郎さんは学生の頃に祖父・吉田茂さんについての作文を書いていたようです。

『ぼくのおじいちゃま』 学習院中等科1年 麻生太郎
ぼくはおじいちゃまをとてもいい人だと思っている。大磯に行ってもいつもにこにこしておられるし、官邸でお会いしても笑ってらっしゃることが多い。議会でむっとしているのは、ぼくが学校でつまらない時やむずかしい勉強の時、しかめつらするのと同じことで、あたりまえのような気がする。
まあ、怒るのは玉にきずだが、家にいらっしゃる時は、とてもごきげんがいい。この間、官邸でいっしょにおやつをいただいた時、甘いものが好きなおじいちゃまは、モナカのあんこだけを食べて外側を残したりして、まるで子供のようだ。
それからぼくは、おじいちゃまの服装では和服が一番好きだ。ゆったりとしてよくあい、白たびもきれいだ。声は特長があってとてもマネしやすいし、聞いていておもしろい。頭ははげているからかわいく、はな眼がねや葉巻はおじいちゃまからはなせないものだ。もし、おじいちゃまが、パイプを吸ってたり、普通の眼がねをかけたら、おかしくって見ちゃいられないと思う。

引用元:https://mixi.jp

孫の立場から見た吉田茂さんの日常が綴られていて微笑ましいですね。

まとめ

  • 麻生太郎さんの実家住所は福岡県飯塚市立岩
  • 実家の敷地内には麻生大浦荘がある
  • 本邸+麻生大浦荘合わせた敷地面積は30,000坪
  • 住所は福岡県飯塚市立岩1060
  • 麻生太郎さんの家系図はかなり凄い

今回は麻生太郎さんの実家について紹介しました。

実家はかなり立派なお屋敷で敷地内では一般公開されている建物があるということがわかりました。

年に2回一般公開がされているようなので気になる方は訪れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!