明石家さんまの自宅住所は千代田区平河町!アメリカ仕様の大豪邸ビルがカッコいい!

芸能界のトップを走り続ける大御所の中の大御所、お笑いビック3のお笑い怪獣こと明石家さんまさん。

女優・大竹しのぶさんと離婚してから独身のまま約30年ほどが過ぎていますが、そんな独身生活を送っている明石家さんまさんの自宅はどんなところなのか気になりますよね!

 

コロナ禍でのお家時間が推奨され、バラエティ番組のトーク中でも、自宅で何してたかなどの話をさらっとしてしまうイメージもありますが、そんな自宅を調べてみると、なんとビル1棟が全て明石家さんまさんの自宅だということがわかりました!

大御所なのに、2021年の年明けから生放送に出ちゃうほどの仕事好きの明石家さんまさん。

噂の大豪邸はどこにあるのか、どんな間取りなのか、どんなにおしゃれなのか・・・気になる自宅を徹底調査しました!

明石家さんまの自宅住所は千代田平河町!大豪邸ビルを一棟買い

明石家さんまさんの自宅は千代田区平河町ということがわかっています。

皇居も近くにあり、リッチな人たちが住むイメージの千代田区ですが、平河町付近には永田町駅・赤坂見附駅など地下鉄も通っており、どこへ行くのにも便利な場所かもしれません。

 

そして平河町の隣の地域は麹町なのですが、日本テレビの旧麹町スタジオ(現在は番町スタジオ)もありますので、ほとんどがテレビ局に仕事に向かう明石家さんまさんにとってはアクセスの良い場所かもしれませんね。

外観の画像はこちら。

4階建てのビルを1棟、明石家さんまさん流にリノベーションを施した内装になっています。

1階はガレージのシャッターが閉まっているので、車庫でしょうね。

2階部分は事務所になっているみたいです。

 

この豪邸、一説によると5億円だとか!!

5億円ですよ!そんな金額、宝くじでしか聞いたことないですよね。

 

しかし、明石家さんまさんの年収は10億超えと言われていますので、その年収が本当だとしたら豪邸に5億円かけることもできますよね。

なぜ明石家さんまさんの自宅が、平河町のこのビルだとわかったかというと、このビルの入口に明石家さんまさんが大好きなキャラクター、ワイリー・コヨーテのオブジェがあるからだと言われています。

ありますね!右側に!
こちらがワイリー・コヨーテ。

ワイリー・コヨーテは、アメリカのアニメ「ルーニー・テューンズショー」のキャラクターで、ロード・ランナーを生け捕りにすることを生きがいに、様々なアイディアと道具で、ひたすら懲りずにロード・ランナーを追いかけ、必ず痛い目に会うという視聴者に常に共感に近い同情を起こさせる憎めないキャラクター。

 

明石家さんまさんは、そんなワイリー・コヨーテが大好きだそうで、車や携帯ケースにも貼るほどのワイリー・コヨーテファンです。

大好きなキャラクターのオブジェを家の前に置いちゃうほどのおしゃれで大胆な明石家さんまさん。

リノベーションした”明石家さんま流”の内装というのは、どんなこだわりがあるのかを見ていきましょう。

明石家さんまの自宅はアメリカ仕様のこだわり

実際は、4階建てのビルの3階と4階部分に自宅として住んでいて、それぞれの間取りは1LDKとのことです。

20畳の広いリビングに、寝室があるという造りだそうです。

 

その自宅3階部分は、1970年代のアメリカロサンゼルスのアイスクリーム屋さんをイメージした内装で、4階部分はビリー・ジョエルのニューヨーク52番街のポスターをイメージした内装だとか!

こちらがビリー・ジョエルのポスター。

4階部分が寝室だとしたら、こんなイメージの寝室ってすごくおしゃれですね!

明石家さんまさんは実際今独身ですし、絶対にお金も余るほどあるはずですので、自分の好きなようにご自宅を作り上げて暮らしているよです。

明石家さんまの自宅外装は赤レンガ

ビリー・ジョエルのポスターの背景にも赤レンガがありますが、外観のビル全体も赤レンガが使用されています

4階部分の内装にもレンガ風になっているのでしょうか。

 

明石家さんまさんの中で赤レンガがひとつのこだわりなのでしょうね。

噂では、アメリカからわざわざレトロなレンガを輸入してまで作ったそうですよ!

明石家さんまの自宅内装はアイスクリーム屋さん

先程も記述しましたが、3階部分は1970年代のアメリカロサンゼルスのアイスクリーム屋さんをイメージしたとのことです。

残念ながら、明石家さんまさんの自宅の内装の写真が見つからなかったので、試しに、「1970年代 ロサンゼルス アイスクリーム屋さん」で画像検索してみました。

こんなイメージなのでしょうか?!

 

家の中がこんな感じだとしたら、本当におしゃれですよね!

明石家さんまさんは美女好きで有名ですが、この家に呼んだ美女達もこんなおしゃれな内装を見たら明石家さんまさんの虜かもしれませんね。

明石家さんまの愛車はアメ車

明石家さんまさんの現在の愛車はゲレンデヴァーゲン(メルセデス・ベンツ・Gクラス)という車です。

メルセデス・ベンツのGクラスはなんと、新車価格1千万円はくだらない高級車ですが、芸能人でも乗られている方が多く大変人気のある車種だそうです。

 

ちなみに、2014年の明石家さんまさんと木村拓哉さんの番組「さんタク」では、以前乗っていた愛車プリムス・バラクーダも紹介されていました。

大好きなワイリー・コヨーテのステッカーも貼ってありますね!

明石家さんまと大竹しのぶが住んでいた自宅は目黒区

明石家さんまさんが大竹しのぶさんと結婚したときに住んでいた家は目黒区だったそうです。

こちらが外観。

全容は写っていませんが、おっきくてかなりの豪邸ですね。

なんと広さは100坪で、価格は8億5千万円!!

購入した時はバブル全盛期だったのですが、離婚した際に売却したのがバブル崩壊後で、価格が8億5千万円から3億五千万円まで下がってしまったようです。

しかし離婚しても仲良しな二人。素敵な関係なんでしょうね。癒やされます。

明石家さんまはゴールドコーストと箕面にも別荘所有

資産もすごい明石家さんまさん。

毎年お正月にはオーストラリアに行くとテレビで話すこともありますが、別荘を持っているそうです。

 

オーストラリアのゴールドコーストにある別荘は場所などの確定情報はりませんが、2つの画像のどちらかが明石家さんまさんの別荘ではないかと言われています。

どうやら、ゴールドコースト北部に位置する、サンクチュアリーコープ、という土地に別荘を所有しているようです。

サンクチュアリーコープは、リゾート地として大人気で、ゴルフ、マリーナ、クラブハウス、レストラン、ショップが揃っています。

ゴルフ好きで有名な明石家さんまさんにとって、オーストラリアの別荘は理想的なのかもしれませんね。

 

さらに、箕面にも別荘を所有しているという噂もあります!

その情報が本当なのか、あるとしたらどこにあるのか、残念ながら外観画像などの情報はありませんでした。

海外に別荘があるくらいですから、関西地方に別荘があってもおかしくないですよね!

まとめ

さて、今回はお笑い怪獣明石家さんまさんの大豪邸について調べてみましたが、千代田区平河町に5億と噂されるビル1棟が自宅で、アメリカをイメージしたこだわりの内装であることがわかりました。

明石家さんまさんはどんな忙しい時でも、ファンから声をかけられたら必ず相手してくれる”神対応”で有名ですし、基本、プライベートを隠してない印象ですよね。

 

週刊誌の記者さんに突撃されても気さくに話してしまうくらいですから、好きなキャラクターの像を入り口に惜しみなく置いたりしているのも堂々としていて、色々と隠せない性格なんでしょうね!

65歳を迎えても変わらずテレビで大活躍する明石家さんまさん、こんなに豪華なご自宅に住んでいても嫌味がない素敵な方ですよね。

 

これからもお茶の間に笑いを届け続けてくれるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です